dezain

フリーランスにとって「仕事に繋がる実績を得るきっかけをどう掴むか」は大きな懸念事項である。今回はフリーランスとして活動しはじめた頃からランサーズを利用されているデザイナーの吉田氏にお話を伺った。
ニュージーランドのキー首相は、国旗がオーストラリアと似ているとして、デザインの変更の是非を問う国民投票の実施を検討する考えを示した。
20代後半のタイミングで、当時勤めていたデザイン会社を辞めて、30歳からフリーランスとして活動できるよう準備をしようと決断しました。小さな会社だったので、取材や印刷の手配などデザイン以外の仕事も経験していたことから、フリーとして独立することへの不安はそこまで大きくはありませんでした。
「(現代は)他人との関わりを自由にデザインできるのがいいところ。隣に座ってペアプログラミングしたり、リモートで仕事をしたり、ツールの支援もあるから自分で決められる。20世紀のように大部屋で一緒にやらなければならないということはない」
「スカンジナビアン・モダンアート」をテーマにしたアート展が、ボルボ・カー・ジャパン株式会社のショールーム、東京・港区のボルボ・カーズ 港・中央で開催されている…
地震が起きたら机の下に隠れるというのが、必ずしも安全ではない場合がある。天井が落ちて来る場合だ。この問題を解決するために作られたテーブルが話題になっている。1トンの重さにも耐えられ、しかも軽くて安いという代物だ…