dokyumentari

自身の性に違和感を持ち続けた小林空雅さんの9年間に密着した映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』が公開中だ。セクシュアリティにまつわる一人の人間の葛藤と変化を通して、性の多様なあり方へと観る者を誘う。
新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く毎日。自宅で感染症の歴史や対策方法について学ぼう。
ドキュメンタリー作品『精神0』の公開を5月2日に控える想田和弘監督は、インターネットでの作品公開を決めた。
ジャーナリスト・堀潤さんが監督を務めたドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』が公開中だ。堀さんと旧知の仲であるウーマンラッシュアワーの村本大輔さんが聞き手となり、「知ることの先には何があるのか」ぶつけてもらった。
カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した『娘は戦場で生まれた』。本作は、戦地シリアで愛を見つけ、子どもを育んだ当事者による、戦火の生活の記録だ。
映画「わたしは分断を許さない」の公開にあわせ、トークショーや写真展を開催するためにクラウドファンディングで支援を呼びかけている。
福士投手の生涯を追った映画を、韓国人留学生の李泳坤(イ・ヨンゴン)さん(26)が、卒業制作のドキュメンタリー映画「玄界灘の落ち葉」にまとめた。
ドキュメンタリーや取材VTRを通して子育ての現状や、親たちが感じている息苦しさに焦点を当てる。子どもも親も「助けて」と言える社会になるためにできることとは?
ひとびとが“自動忖度機”と化す日本の怪現象は、いまに始まったことではない。『放送禁止歌』から20年、「事態ははるかに進んでいる」と言う。
第1話の配信は、大晦日の2019年12月31日の午後5時。それから約1年、全20話が世界190カ国に毎月配信される予定だ。