fifa

SNSで拡散された動画は、バルセロナが2019年にツアーで日本を訪れた際に撮影されたものだった。
「女子サッカー最高峰を決める2つの大会が、短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感が強まったことも感じました」と発表した。
FIFA会長が入場するとスタジアムが一体となって声をあげた
湾岸諸国の労働契約システム「カファラ」とは?
大揺れのFIFA役員汚職問題だが、現在報じられている3つの問題について、2010年から現在までの動きをまとめた。
政府から、自民党に対して新たな国立競技場の建設プランが示された。六万八千人の収容人員、仮設のサブトラックを持つ陸上競技場で中央にサッカーのピッチを持つ。総工費は1540億円。
2018年と22年のサッカー・ワールドカップを巡って汚職疑惑に揺れている国際サッカー連盟(FIFA)。記者会見場にコメディアンが乱入し、セップ・ブラッター会長に札束を投げつけるハプニングがあった。