fufubessei

明治時代から続く夫婦の姓のありかたに関する規定の見直しの議論につながるかに注目が集まります。
現在の民法によると、男女が婚姻関係を結ぶ際は夫か妻のいずれかの姓を選ばなくてはならない。つまり他方は改姓が求められるのだ。
私たち一人一人が生き生きと暮らす社会を目指すなら、お互いの考え方の違いに寛容な社会であるべきです。人種や民族の違いで差別するなどもってのほかです。
「夫婦は同じ姓を名乗る」「女性は離婚後6カ月間は再婚できない」とする民法の規定は、合憲か違憲か。
夫婦同姓を強制する国はほとんどないのが現状。
家族みんなが自分らしく生きることは、名字が違っていても可能である。
サイボウズ・青野社長の本名は、「西端慶久」だ。妻のほうの姓を名乗る「妻氏婚」をしたためである。仕事上は、旧姓の「青野」を使用しているのだという。この話を聞いて、筆者は衝撃を受けた。