hahaoya

「今のままではもうすぐネットを使い始める長女も、今後戻ってきた美咲も傷つく」
絵本『こぐまとブランケット 愛されたおもちゃのものがたり』の翻訳を手がけた内田也哉子さん。ライフワーク的に取り組んでいる絵本の「翻訳」と、子どもたちとの大切な読み聞かせの時間について、話を聞いた。
母は俳優の樹木希林さん。父親でミュージシャンの内田裕也さんはほとんど家に帰らない。内田也哉子さんは、ちょっと変わった家庭で育ちました。現在、3児の母親となった也哉子さんが語る「母の背中」とは?
一度は自ら閉ざした道に、なぜ戻ってきたのか。いま、最初の引退時よりも力を発揮できるのはなぜか。 “ママアスリート”を自ら名乗る理由、女性がアスリートを続ける困難についても聞いた。
多分、もっと気楽にやれば良いんだろうと思う。しかし、どんな場でもそこにふさわしい振る舞いをすべきだと、母親になった自分自身に厳しい目を向けている。私が怖いのは他人ではなくて、自分自身なのだ。
「私はずっと、孤独を何かで埋めようとしていました。仕事で有名になることや、お金や、結婚。でも、心の穴を何か、だれかで埋めることは不可能なんだと気づいた」
「『子どもに尽くす母親像』という自己犠牲的なイメージがお母さんたちを大変にさせている」。著書『スゴ母列伝』で、型破りな母親像を描いた堀越英美さんに話を聞きました。
ハフポスト日本版のママパパ社員がおすすめする、「三種の神器」とは?
ハフコレ編集部
良い母親でいたいから、我慢しなきゃダメ?見えない“壁”を壊していこう
PRESENTED BY LUX
父・マサルは家族にとっての太陽だった。一緒に住んでいる頃は暑すぎて鬱陶しかったが、一旦離れてしまうとその存在が心から離れない。