hatarakikatakaikaku

在宅勤務やリモートワーク……。企業がどんなに「働き方改革」を進めても、職場で使いこなせなければ意味がない。どうやったら社内制度をうまく活用できるのか。
PRESENTED BY アサヒ飲料
「働き方改革」をめぐって、各企業の社員たちが続々と「自分流」改革を生み出している。そんな実践例を紹介します。
PRESENTED BY アサヒ飲料
効率重視のあなたに!デスクワーカーは必見です!
ハフコレ編集部
法案によっては「わからない」が5割を超えるものも。
PRESENTED BY エン・ジャパン
アサヒ飲料が独自の発酵乳研究から見つけた「アタマのはたらきをサポートする」機能性関与成分とは
PRESENTED BY アサヒ飲料
「毎日いつ辞めようかと考えている。毎日終電を超えていた日は、毎日死にたいと思った」「家族を犠牲にすれば、仕事はできる」といった声が寄せられていた。
普段、出会うことのない人との出会いが自然に生まれる場所が全国各地に存在する。リモートオフィスと居住施設を提供するサービス「LivingAnywhere Commons(LAC)」を体験する企画、最終回。
PRESENTED BY LIFULL
下田にオープンしたばかりのリモートオフィス「LivingAnywhere Commons(LAC)」を体験する企画の2日目。4回目となる今回は、出勤前のサーフィン、リモートワーク中の地元民との交流など都内のライフスタイルではおよそ考えられない暮らしについて紹介します。
PRESENTED BY LIFULL
リモートオフィス と居住施設が自由に使える「LivingAnywhere Commons(LAC)」度々、自由参加型のイベントやワークショップが開かれるという。LAC利用者や地元の人々と交流することができ、新たな出会いにつながる。第2回目は、LAC利用者同士の交流で何が生まれたのか、働き方はどう変わったのか、その様子を紹介する。
PRESENTED BY LIFULL
東京から特急に揺られて2時間半。海水浴場や温泉地として有名な伊豆・下田にやってきた。この地にオープンしたばかりのリモートオフィスを体験するためだ。暮らしながら働ける新しいサービス「LivingAnywhere Commons」で、ほかの企業の利用者や地元の住民たちとも交流できるという。ここでの生活を、計5回にわたって紹介する。
PRESENTED BY LIFULL
平日は仕事をしながら、週末などの休みだけで「世界一周」をしてしまった「リーマントラベラー」こと東松寛文さん(31歳)。「働き方改革」という言葉が叫ばれる中、彼が提唱するのは「休み方改革」だ。今年6月には「人生の中心が仕事から自分に変わる! 休み方改革」(徳間書店)も出版した。従来の会社員の枠に収まらない「リーマントラベラー」とは、何なのか。
職場にひそむ、睡眠不足によるプレゼンティーイズム
PRESENTED BY MSD株式会社
吉高由里子さん演じる主人公の結衣は「定時で帰る」がモットー。SNSで激論が飛び交うドラマが描く「働き方」。それぞれの考えをプロデューサーの新井順子さん、Superflyの越智志帆さんに聞いた。
「今はまだ、会社をベースにあらゆる制度が作られていると感じます」と企画者は語る
企業にとっても睡眠対策は「待ったなし」となっています
PRESENTED BY MSD株式会社
5月23日に自民党有志による「男性の育休『義務化』を目指す議員連盟(仮称)」の発起人会が開かれる。
共働き夫婦が担う家事関連時間は、夫が39分、妻が258分で約7倍の差がある。解消に向け、政治も企業も動き始めている。