hatarakikatakaikaku

「働きがい」とは何か。意外と言葉で説明するのは難しいかもしれない。コンカーの三村真宗社長は「働きがい」には3つのポイントがあるという。
働き方改革コンサルティングを手がけるワーク・ライフバランス(WLB)社は3〜4月、国家公務員の働き方についての実態調査を行なった。前回調査の「続編」だ。
会社経営者、フルリモート企業の広報、新卒社員…世代も立場も異なる3人が考える、これからの働き方。リモートワーク時代のチームワーク、個人やマネジメント層の意識改革とは。
PRESENTED BY 日本マイクロソフト株式会社
柔軟な働き方を認めることが、これからの人材獲得の決め手。人材不足に陥らないための改革のポイントを白河桃子さんが提示します
PRESENTED BY 日本マイクロソフト株式会社
「実現すればいいなあという気持ちはあるけど…」。テレワーク化のために、彼らが犠牲にするものとは。
日本の残業の震源地ともいえる霞が関。霞が関でデジタル化が進まないことによる5つの問題とは。
多くの民間企業でテレワーク等の導入により環境整備が進む中、霞ヶ関で働く官僚たちは、デジタル環境から取り残され、コロナ禍でも過酷を極める。
小泉進次郎環境相は「私のトップダウンを引き出してくれたのは、ボトムアップの情熱」だと職員への感謝を示し、「私としては、どのような立場であっても霞ヶ関のデジタル化、働き方改革を後押ししていきたいと思っています」と語りました。
新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していった3月から、緊急事態宣言が解除される5月まで、官僚たちの働き方はどう変化したのだろうか。アンケートには悲痛な声が寄せられている。
堀江氏は「女性の社会進出の手助けになれば」と話しているが、本当に女性の働き方を改革したいと考えているのであれば、他に優先すべきことがあるのではないか。