hokkaido

北日本で再び大荒れの天気になった。12月21日から22日にかけて「暴風や猛吹雪に厳重な警戒が必要」と、気象庁が呼びかけている。
低気圧の影響で全国的に風が強まり、北海道では暴風や暴風雪になっている。大荒れの天気は12月18日も続くとみられる。
猛烈に発達した低気圧の影響で、全国的に荒れ模様。特に北海道では数年に一度の猛吹雪のおそれ。北日本や日本海側だけでなく、東海以西の太平洋側も積雪に。
17日は西日本では数年に一度レベルの寒気が入る所もあり、太平洋側の平地でも積雪の恐れ。最新の予報では、北海道は暴風のレベルアップ。電柱が倒れるくらいの風に警戒。
札幌市が、2026年開催の冬季オリンピックの招致をめざすことになった。
2016年3月に開業する北海道新幹線の車両「H5系」の2両が10月13日の早朝、北海道の函館港に陸揚げされた。実際に走行する新幹線の車両が北海道に上陸したのは、展示用などを除いて初めて。
あなたも鉄道会社の名付け親になれるかもしれない。2015年度の開業を目指す北海道の鉄道会社が、10月1日から会社名の公募を開始した
今年も日本各地で開催されている夏フェス。すっかり日本の夏の風物詩になりましたね。会場の屋台で食べる「フェスめし」も楽しみのひとつです。今年もFUJI ROCK FESTIVALはのべ10万人を動員したとか。ただし。夏の屋外イベントだけに大雨に降られたり、虫よけ対策が必須だったり、インドア派には厄介なハードルもいくつか。(まあそれもフェスの醍醐味なのですが・・・)
北海道小樽市の海水浴場「おたるドリームビーチ」近くの市道で、女性4人が倒れていると110番通報があった。3人は搬送先の病院で死亡が確認され、もう1人も首の骨を折る重傷。警察は、道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)容疑で31歳の男を逮捕した。
地方の小さな博物館も存在感を示して活躍している。北海道むかわ町穂別の白亜紀末(約7200万年前)の地層から採取されたアンモナイトの化石が新種とわかった。鑑定した国立科学博物館の重田康成研究主幹とむかわ町立穂別博物館の西村智弘学芸員がアナゴードリセラス・コンプレッサムと名付け、7月1日の日本古生物学会欧文誌パレオントロジカル・リサーチに発表した。穂別博物館として新種の記載はこれで海生爬虫(はちゅう)類など8例目。重田さんと西村さんは昨年も2回、アンモナイトの新種を報告しており、相次ぐ発見となった。