iaea

IAEAは7月22日、天野之弥事務局長が死去したことを発表した。
米政府首脳の本音は、核不拡散の維持のために原子力平和利用の優等生の国を求めているが、日本はその優等生であり、今後もそうあってほしいと考えているということだ。
北朝鮮が6日に実施した「水爆実験」に対し、ロシアは「国際法規と国連安保理に対する重大な違反だ。北東アジアの緊張を際限なく高めかねない」と非難した。
ロシアのラブロフ外相は、スイス西部のローザンヌで行われた欧米など6カ国とイランの核協議について、問題の最終決着に向けた全ての主要な点において大筋で合意が成立したと明らかにした。
放射性セシウムの除染は長く続く課題である。人々が長時間暮らす家屋内の線量も重要となる。その推定に新しい手がかりが出た。
国際原子力機関(IAEA)は、北朝鮮が寧辺の核関連施設で実験用原子炉を再稼働させた可能性があると明らかにした。
国際原子力機関(IAEA)の調査団が、増え続けている汚染水について「基準値を下回るものは、海への放出も含めた検討をすべきだ」と助言した。
イランの核開発問題をめぐって、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥(ゆきや)事務局長は3日、定例理事会で過去10回に及ぶ同国との協議でも成果がなかったことを報告、「(議論は)は堂々巡りに陥っている」と危機感をあらわにした…