juransha

24日、ハミルトンにいる家族の元へ帰還するシリーロ伍長を追悼するため、カナダ中から人々が風が吹きすさぶハイウェイ401の高架交差路、別名「ハイウェイ・オブ・ヒーローズ」に集まった。
この18か月で起きた学校での発砲事件は少なくとも74件であることがEverytown for Gun Safetyという、銃規制の制定を求める取り組みを行っている団体の集計により明らかとなっている。
2012年12月にコネチカット州ニュートンでサンディフック小学校銃乱射事件が発生して以来、アメリカでは、平均して1週間に1.37件の学校の銃撃事件が起きている模様だ。
映画館で映画を鑑賞するという行動が成り立つのは、そもそも社会全体に寛容性がなくては成り立たないのかもしれません。銃社会アメリカですら、大したボディチェックもなく映何百人が無防備な真っ暗闇の中で誰とも知れない連中と時間を共有するわけですから、他人を無条件で信頼していない限り無理なことです。
小学生ら26人が犠牲となったコネティカット州ニュータウンの銃乱射事件から1年が経った。この間、全米で銃による犯罪はやむことがなかった。
11月9日深夜(日本時間10日午後)、アメリカ・テキサス州ヒューストン郊外のサイプレスで行われたホームパーティで銃撃事件が発生、2人が死亡、少なくとも22人が負傷した。
ハフィントンポスト各国版11月2日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ・ロサンゼルス国際空港で銃乱射事件が発生、保安検査を担当する運輸保安庁の職員1人が死亡しました。犯人も撃たれて重体です。フランスのブルターニュ地方では環境税導入に反対するデモが暴徒化、混乱が拡大しています。
シカゴ市サウスサイドの公園で9月19日(日本時間20日)夜、3歳の男の子を含む13人が銃乱射で負傷。伝えられているところによると、銃撃はシカゴ市南西部のバック・オブ・ザ・ヤーズ地区付近のコーネルスクエア公園にあるバスケットボールコートで起きた。
9月16日朝(日本時間同日夜)、ワシントン海軍工廠で発生した銃乱射事件で銃撃犯一人が射殺されたが、ワシントンD.C.首都警察のキャシー・ラニエル署長は同日夜、銃撃に関与したのは、死亡した容疑者の単独犯行であるとの見解を発表した。
アメリカの首都ワシントン中心部から約1.6キロ南方にあるワシントン海軍工廠(しょう)で16日午前、銃撃事件が発生し、グレイ市長は16日、現場で射殺された容疑者1人を含む13人が死亡したと明らかにした。警察当局は、逃走中の容疑者もいるとみて一帯を閉鎖し、捜索を続けている。