kansaidenryoku

「運転によって人格権が侵害される具体的な危険がある」と、大飯原発の再稼働を差し止める判決を出した福井地裁の樋口裁判長に、心からのキスを贈ります。
福井県おおい町の関西電力大飯原発3・4号機の周辺住民が、関西電力を相手取り運転差し止めを求めていた訴訟で、福井地裁(樋口英明裁判長)は、運転差し止めを命じる判決を言い渡した。
NHKなどの国内各メディアによると、福井地方裁判所は21日、関西電力<9503.T>大飯原発3・4号機(福井県おおい町)の再稼働を認めないとする判決を下した。同原発をめぐっては、住民らが関電に対し、再稼働の差し止めを求める訴訟を起こしていた。
電力会社による政府系金融機関への資金支援要請が相次いでいる。このまま「経営無策」を続ければ、値上げや公的資金の注入を繰り返し、国民負担を増大させることになるだろう。
東京電力はほかの電力会社管内で電力販売に乗り出す方針を固めた。来年度にも企業向けから始め、2016年度に電力小売りの全面自由化が始まれば家庭向けにも参入する。最大手の東電が他社管内に進出することで、電力大手間の競争が本格化することになる。
電力会社6社と、大手都市ガス4社が11月28日、2014年1月から電気・ガス料金を値下げすると発表した。火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)の下落によるものだという
大飯原発が停止し、日本は1年2ヶ月ぶりに「原発ゼロ」となる。反面、火力発電所の事故リスクが高まっている。
原子力規制委員会が原発の新しい規制基準を7月に定めるのを受け、北海道、関西、四国、九州の4電力会社が計8基の原発について7月中にも規制委に再稼働のための審査を申請する見通しになった...
関西電力と大阪ガスの7月の電気、ガス料金が引き上げられる方向になった...