kigyo

日本は世界有数のチョコレート消費国で、カカオの仕入れ先の8割はガーナ。そこでは77万人の子どもが学校に行かずにカカオ栽培をさせられている。
SDGsが広がっている2021年だからこそ。国際人権は、ビジネスパーソンも無視できない。
我々は、ブランド・アクティビズムは広く普及しているものであり、パーパスを利益へと変えられると信じている。
SDGsウォッシュには注意が必要だ。ただ、これだけは、日本人の「横並び意識」やチームプレーが良い効果を生む可能性もある。
弁護士の塩崎彰久さんは、新型コロナ民間臨調で共同主査を務めた。政策起業にどんな思いで取り組んでいるのか?聞いた。
【政策起業ケーススタディ第2回】弁護士という専門性が政策起業に活かせる大きな可能性とは?
「子供たちにお金の使い方を教えるだけでは不十分なのです。私たちが重視しているのは金融教育です」
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップが事業アイデアをピッチで競うスタートアップバトル。2020年は207が優勝した。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル。12月18日の決勝に進むのは、ログラス、クイッキン、Crezit、ガレージバンク、207、STANDSの6社だ。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル2020。グループDの5社のピッチは、12時からYouTubeで配信される。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル2020。グループCの5社のピッチは、12時からYouTubeで配信される。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル2020。グループBの5社のピッチは、12時からYouTubeで配信される。
ぜひ出場企業の中から気になるスタートアップをピックアップして、彼らのサポーターとしてイベントを楽しんでほしい。
日本とアメリカで異なる金銭に対する価値観。その違いを生むのは何だろうか。日米の金銭観がどのように培われるのか、考えてみた。
「主任殿」などと必ず役職をつけないといけない、社内の人にも「お世話になっております」ーー。ハフポスト日本版スタッフが体験してきた様々な「社内メール慣例」「社内連絡ルール」をご紹介します。
2020年、COVID-19やプロテストの影響で変化が生じた。企業の理念や個性を生かし、どう貢献し、何を言うか。企業側が主体になる時代になってきたのだ。