kigyo

弁護士の塩崎彰久さんは、新型コロナ民間臨調で共同主査を務めた。政策起業にどんな思いで取り組んでいるのか?聞いた。
【政策起業ケーススタディ第2回】弁護士という専門性が政策起業に活かせる大きな可能性とは?
「子供たちにお金の使い方を教えるだけでは不十分なのです。私たちが重視しているのは金融教育です」
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップが事業アイデアをピッチで競うスタートアップバトル。2020年は207が優勝した。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル。12月18日の決勝に進むのは、ログラス、クイッキン、Crezit、ガレージバンク、207、STANDSの6社だ。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル2020。グループDの5社のピッチは、12時からYouTubeで配信される。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル2020。グループCの5社のピッチは、12時からYouTubeで配信される。
TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップバトル2020。グループBの5社のピッチは、12時からYouTubeで配信される。
取得を後押しする制度を整え、男性が休みたいと言いづらい職場の雰囲気を変える狙いがある。
ぜひ出場企業の中から気になるスタートアップをピックアップして、彼らのサポーターとしてイベントを楽しんでほしい。