kokosei

K先生のことを最初は信用できなかった。最終的に「学校に戻りなさい」と言われると思っていたからだ。
性的マイノリティであることで、教育を受ける権利すらも侵害されてしまうようなことが、現在の日本社会で起きている。
ある高校生が、政策を議論する授業を受けての「気づき」を新聞に投稿。その内容がSNSで話題になっている
日本の高校野球文化、それは同調圧力なのか?それとも日本の長所を作るものなのか。そして、私たちは、どちらか決めなくてはいけないのだろうか?アメリカ在住の映画監督は「甲子園」に問う。
文部科学省の官民協働プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」。留学を経験した学生の経験などをまとめた本を全国の学校に届けるため、支援を募っている。
今井紀明さんは「どんな子でも彼らの気持ちに寄り添うこと。否定せずに話を聞き続けることで、少しずつ心を開いてもらおうと思っています」と話します。