kokuki

「バイオ燃料を使用することは、航空業界でCO2排出量を削減する最も効果的な方法の1つ」(KLM社長・ピーター・エルバース)
アメリカ政府は、パソコンなど電子機器の航空機内への持ち込み禁止の措置を、現在適用している中東・北アフリカ地域発の航空便だけでなく、複数のヨーロッパの国々発の便まで適用を広げる考えだ。
このように見てみると、世界的には、交通機関は「〇〇通行」が主流、ということになる。
シンガポールの地元テレビ局、チャンネルニュースエイジアはTwitter上に乗客提供の映像を掲載している。
ウクライナのアントノフ航空が保有する世界最大の輸送機、An-225「ムリーヤ」が5月15日、オーストラリアのパースにある空港に着陸した
2014年3月に発生したマレーシア機行方不明事故を受け、こうした事例が二度と起こらないようにするため。  
中国国防省が尖閣諸島上空を含む東シナ海に設定している防空識別圏で、指示に従わない全ての航空機に「軍当局が防御的緊急措置をとる」とした運用規則を、航空当局が各国向けに通知した航空情報から削除していたことがわかった。
飛行機に乗っているとき、あなたの一番の味方になってくれるのがキャビン・アテンダント(CA)たちだ。少なくとも一部の飛行機には、彼らが眠るための場所が用意されていることがわかっている。
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」を、日本航空(JAL)が32機発注する方針を固めた。発注額は定価だと約1500億円になる。2021年から国内線で投入し、離島を除く地方路線で活用する考えだ。
最近、列車内や街を歩いていると、腕時計を手首にはめていない人が多いことに気づく。生活必需品のひとつなのに、"なぜしないのか?"と気になっていた。腕時計を使わない理由は単純だった。携帯電話さえあれば、腕時計は必要ないからだ。