kyohakuseishogai

我に返った時には、目の前に髪の毛の山ができていた。子ども時代に発症し、女性に多いとされる抜毛症。当事者のモデルが明かす苦悩と、その先に見つけた光とは。
「ウイルスが怖くて手洗いが止められず、ハンドソープを1日1本使い切ってしまう」…。コロナ禍で発症率が急増しているとみられる「強迫性障害(強迫症)」。一体、どんな病気なのか? 強迫性障害の治療の第一人者である兵庫医科大学、松永寿人主任教授に聞きました。
いまやテレビ、映画で見ない日はないというほどの活躍ぶりの佐藤二朗さん。強迫性障害からくるメモ癖で悩んでいた幼少期、暗黒の20代を経て、見出した生き方のヒントを聞いた。
今、憂鬱を抱えているだれかにこの文章が届いてほしいと思っています
「必死に現実を隠そうと努力しました。弱い母親、おかしい母親、ひどい母親だと思われるないか、とても怖かったから」
言葉で説明されてもなかなか理解できない「心の状態」、イラストだと理解しやすいかも。
肌をつねったり、まつ毛を抜く癖がある人も、その可能性があります。
ときには、1枚の写真が言葉以上に物語ることがある。