kyoiku

ひとりひとりの競争への参加が競争をますます激化させるのですが、ひとりの親としては自分だけ降りたら子どもが不利益を被ると思ってしまう。だから降りられない。
「保育や教育の現場では、(子どものために)必要以上に『マスクを外さなければ』と思わずに、個人の判断が尊重されると良い」(研究者)
「学校名でふるいにかけられているのでは……」と実感した人の割合が明らかに
「皆さん(理学部志望の生徒ら)が可能性を狭めることなく、興味をもったことや好きなことにチャレンジし、思う存分楽しめるようサポートする」(声明)
「積極的に推進する立場と懸念を示す立場が同じ学内で相対して存在する事態も生じうる」
「財政的な措置が講じられなければ、現場の悲鳴に耳を塞ぐだけになる」(教育学者)
「学校は長時間労働を異常と思わない職場。教員同士でサポートできない負の環境にある」(嶋田富士男さん)
学ぶのが好きな学生が夢を叶えるまでには、コミュニティの人たちの助けがありました
5月24日午前の衆院文科委員会で、ジャニー喜多川氏による性加害問題を踏まえた質疑があった