line

GoogleのAndroidアプリのマーケット、Google Playの売上が今年に入って急増している。特に日本と韓国で人気が高い。今日(米国時間8/12)、調査会社のDistimoが発表した新しい調査結果によれば、Google Playの売上は過去6ヵ月で 67%上昇したという。これに対し、AppleのApp Storeの売上は同期間に15%の上昇にとどまった…
7月末で、維新の会や社民党など5党のLINE公式アカウントが削除されました。その理由とは?
LINEニュースはマスコミの記事を要約して配信していますが、著作権の問題、報道の責任の問題は法的にはどのように解釈されるのでしょうか。
LINE株式会社は同社のメッセージングサービス「LINE」について、防犯対策として、未成年が直接知らない人を友達に加えられないよう、対策を取ることを発表しました。
人気サービス「NAVERまとめ」などで利用される会員情報、169万件分が流出した可能性があると発表されました。
株式会社LINEは、写真と3行のテキストでニュースがわかるスマホアプリ「LINE NEWS」を、iPhone / Android 向けに提供を開始しました。ライト層の拡大が狙いだ。
今回の集まりは馴れ合いではない。ビジネスのフィールドに出ればお互いがライバルであり、そこで繰り広げられるのは本当の真剣勝負だ。答えは企業の中にではなく、いつでも利用者、ユーザー側にある。
ネット選挙というテーマについて興味深いのは昨年のアメリカ大統領選。投票日だけで3100万ツイートが行われた(ツイッター日本法人・近藤氏)…
そこで最近の話題は「微信」だ。「LINE」によく似た、双方向コミュニケーションツール無料のチャットアプリである。LINEは1億5000万ユーザーを突破して話題になったが、微信ユーザーは今年1月にすでに3億人を突破し、4億人に近づいている。
Konnichiwa(こんにちは)! 私は秋葉原にあるハフポスト日本版編集部にお邪魔して、こちらの有能なスタッフとともにアジアで最初の展開となるハフポスト日本版の立ち上げ準備を進めています。これまでイギリス、カナダ、フランス、スペイン、イタリアの各国版を手がけてきましたが、ハフポスト日本版を立ち上げられるだけではなく、アジアという新たな地域への進出に我々は大きな喜びを感じています。私たちの目標は、成長しつつある世界規模の会話に、世界中からたくさんの声を招き入れること。ハフポスト日本版の立ち上げによって、その目標にまた一歩近づきました。本日から開始したハフポスト日本版は、かつては乗り超えがたいものと考えられてきた地理的、言語的、文化的障壁を、21世紀のメディアがどのように克服していくかを証明します。