mediatohyogen

政治的なメッセージにファッションやアートの殻をかぶせて、「政治的ではない」と届ける行為ーー。その不透明性に、言いようのない「気持ち悪さ」を感じ、西田亮介氏に取材しました。
「士農工商の下に、人間以下の存在がいる」などと差別発言をしたことで、部落解放同盟が「日本維新の会」に抗議していた。
「23時という一日の終わりに、視聴者の皆さんがちょっとホッとしつつ、新たな視点や新しいものの見方に触れられる番組にしていきたいです」と意欲をつづりました
事件報道に関して「無関係のひきこもり当事者を深く傷つけ、誤解と偏見を助長する」という懸念が公表された。
「声を上げることは良しとされるべきだし、そういう見せ方や空気をメディアが作ることが大事」と語った。
お好み焼き店へのクレームに「ただの業務妨害ですよね」と憤る。
深井智朗氏が書いた『ヴァイマールの聖なる政治的精神』。Amazonでは定価の3倍以上で取引されています。
一方通行の発信ではなく、対話を生み出すことが私たちメディアの役割の一つだと考えています。
メディアを取り巻く環境は大きく変わった。私たちメディアは、そろそろネット上のメディア批判と正面から向き合うべきではないだろうか。
「リラックマとカオルさん」の電車広告が、SF映画『ゼイリブ』みたいと反響
イラストレーターが謝罪「必要な関係各所への確認を怠っておりました」
性的マイノリティーの人たちが「よく描いてくれた!」と言ってくれるものだと、非当事者にはピンと来ない話になってしまうと思うようになったんです。
「時代に合わせて柔軟に対応することが、エンターテイメントを提供する企業には求められていると思います」
「ブラックフェイス」を想起させるデザイン
架空の生物をイメージしたという「プラダマリア」というシリーズの「オット」というキャラクターでした。
「世界平和に進む新しい指標を設けた」などと書かれていました。