merukari

「観光施設なので見学を制限するのは難しい」「施設全体がナーバスになっている」と施設関係者
ハロウィーンのイベント期間中の新商品として、9月2日に発売されたが...
正規価格の10倍近くの値段で頻繁に取引されている。
メルカリ利用者の8割が、梱包材に「もったいない」の意識を持っていたそうです。
平成が始まった31年前は「御朱印にこれほど人が並んだという話は聞いていない」という。
約5年間で蓄積された、数十億規模の商品情報のデータセットを生かした機能だ。
女性が妊娠しやすくなる「妊娠菌」が付着したとする商品が人気フリマアプリ「メルカリ」に出品されていたことが問題となり、メルカリの運営会社が妊娠菌商品の削除を始めた。
一見意味不明なやり取りが、なぜ多数行われているのだろうか?