naikakukaizo

自民党の村上誠一郎元行政担当大臣は7月16日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、安倍晋三首相の人事について「大体3つのパターンしかない」と批判した。
「1強」と言われた安倍政権は激震に見舞われ、最大の試練を迎えている。
安倍総理が再び宣言した「経済最優先」で「人材投資、人づくり革命」という看板が実現するのかも注目だ。
「一億総活躍」政策のもと、加藤勝信氏が担当相に就任されました。私なりに考えると、これは「みんなもっと働け!」というようなことではなく、自己実現を図る環境を醸成する、というようなことではないでしょうか。
人事権はあくまで総理大臣の専権事項であり、役職は個人のためではなく国家国民のためにあるものだと思っております。
馳氏は「師匠、ありがとうございます」と感謝しました。
政治の世界に転じたのは、アントニオ猪木氏がスポーツ平和党を率いて参院選に出馬したときに、秘書として支えたのがきっかけでした。
「一億総活躍」という言葉が上滑りするのは、国民全体を無理矢理に大風呂敷に包みこもうとする粗雑さにあると思います。
これまでの最年少記録は?
6カ月分の給与を自主返納します。