nasa

アメリカ軍が運用する「Space Track」は「ロケットはインド洋に落下した」としている。
人類が火星に降り立つという将来の目標に向け、大きな期待が寄せられます。
火星探査車「パーサビアランス」が4月4日に撮影した数枚の写真。真っ黄色に染まった世界で地平線から立ち上がる虹のような物が写っていた。
ほとんどの微生物は成層圏環境下での6時間半の実験の間に死滅しました。しかし……。
「なぜ確率がゼロじゃないの」「地球に衝突しませんように」という不安の声も上がっている。
やはりこの男に、“不可能なミッション”はないのかもしれない...。
「火星は我々を待っておらず、また我々も探査を続ける」とオールボー氏は語る。
「NASAは、多様で幅広い才能が活用されるように尽力しています」とブライデンスタイン長官は語った。
雪だるまのような形かとみられていたウルティマ・トゥーレが、ニュー・ホライズンから送られてきたデータをみたら、意外とぺちゃんこだった