nichigin

黒田東彦総裁を中心に、このところ日銀幹部の発言が微妙かつ明らかに変化している。
買入増額により株価にプラスの影響が見込まれるが、期待してよいのだろうか
NY市場ではダウ平均株価が史上最高値を更新し続けている。
日銀はETFを買う目的を「リスクプレミアムを下げるため」としている。簡単にいえば「投資家を楽観的にさせて株価を押し上げ、消費や設備投資を促し、物価上昇率を高める」ということだ。
2012年からの雇用指標の改善で、最近のアベノミクスの成果を主張するのは、それほど説得力はありません。
長時間労働の是正によって余裕時間が生まれれば、投資を新たに始める動きも出てくるのではないだろうか。
日銀はETFを大量に買う目的を「リスクプレミアムを下げるため」と説明しているが...