ninchisho

高齢者自身では、なかなか返納には踏み切れない。認知症などの症状が出ればなおさらだ。車を手放すと不便になると思いきや、実は特典もすごかったりする。
注文の取り間違えがあっても受け入れるなど、認知症への理解を深めてもらうのが目的。
何回曜日を聞いても、何回話しかけても、アレクサはすぐに答えてくれる。
湘南地区を「認知症になっても安心して豊かに暮らし続けることができる街」のロールモデルに。
今回は認知症と生活習慣病の関連、日常生活における認知症の予防について解説します。
認知症やその予備軍の高齢者数は、10年以内に約2人に1人になると見込まれており、認知症が「国民病」と評されるようになっています。
「遠慮せず助けを求めて欲しい」
重度の認知症があり、以前から脱走や暴力行為
「道に迷っている」などと言い換えています。