nissan

震災が起きた当時、会議で訪問中だったフランスから真っ先に日本に帰国したなどと語りました。
2019年4月にも、会見予告後に再逮捕されたゴーン被告。会見の代わりに公開された動画では、「陰謀だ」と無実を主張したものの、クーデターを企てた日産幹部の実名部分が弁護側の判断でカットされました。
「私は正義から逃げたわけではなく、不正と政治的な迫害から逃れた」などといったゴーン被告の声明に真っ向から反論した。
「『国際的に重要な業務』があると依頼を受けたが、乗客が誰かは知らなかった」とも話している。
ゴーン被告の弁護団の1人、高野隆氏がゴーン被告の密出国についてのブログを更新。「裏切られたという思いである」と思いをつづる一方、自身の見解を示し、日本の司法制度への苦言を呈した。
ネットフリックスの日本の広報担当者が、「ゴーン氏と作品に関する契約はない」と報道内容を否定しました。
「絶望的な状況」に置かれていたゴーン氏が、15億円の保釈保証金を失ってでもその可能性に賭けてみようとしたのは、理解できないことではない。
「私はもはや日本の司法制度の人質にはならない」と主張しています。