nissan

1回目の逮捕からベイルートの会見までー。海外からの目線はどう変わっていったのかー。
民事訴訟に詳しい裁判官によると、提訴がゴーン前会長に伝わり、前会長が日本で代理人を選任すれば、その代理人に届ける可能性も考えられるという。
2019年7月末 グランド ハイアットのレストランで保釈中のゴーン被告に会った、エーデルスタイン氏。日本に詳しい調査報道記者である彼は、ゴーン被告に何を伝えたのか。
これまでも森法相は、日本の司法制度を批判する社説を掲載した米紙に反論を寄稿している。
私は昨年11月から12月にかけて、ゴーン氏に直接インタビューし、その内容を含む著書を4月に予定されていた公判までに出版する予定になっていた。
主任の河津博史弁護士は当面、弁護人を続けるという。
ヤマハミュージックジャパンのツイートは、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告に関するコメントと共に広く拡散されている。
日本メディアの質問に直接応じるものではなく、ゴーン被告が会見をコントロールする状況は変わっていない。
コメントは地検のホームページに掲載された。地検がこうしたコメントを出すのは極めて異例のこととなる。
日本メディアで出席が許されたのは、朝日新聞社、テレビ東京、小学館の週刊ポストなど合同取材班など数社だった。