nissan

日産幹部から世間へ漏れた「西川氏の辞意」これは彼の意思なのか、それとも...?
日産自動車は、これまで西川氏が行ってきたことを全面的に検証し、今、東京地裁で公判前整理手続が進められているゴーン氏の事件への会社としての対応も再検討すべきだ。
日産自動車は16日、高速道路上でハンドルから手を離した状態で運転できる機能を国内メーカーで初めて搭載した高級セダン「スカイライン」を発表した。販売は9月を予定している。
EV(電気自動車)は電池の重さがネックだが、4輪駆動にすることでスムーズな加速を実現させる。
「日本に対する私の愛情、日産に対する私の愛情は、私がいま経験している厳しい試練を経た後であっても、少しも変わることはありません」とも語りました
日本外国特派員協会は東京検察庁と日産自動車に会見を開くよう依頼しているが、断られたという。
「皆さんは検察当局からさまざまな知識を与えられているようにお見受けしま(す)が…」と苦言を呈しました。
「首相は、再逮捕は日本の体裁が傷付くので避けたかったが、検察はゴーン被告に罪を認めさせたかったから再逮捕に踏み切った」との情報も…