nogyo

地球を持続可能にするためには、考え方の中心を、土の中のバイオマス(生物資源量)にする必要があるという。
農林水産省は3月6日、「ジャンボタニシ放飼は止めてください!」とする注意喚起を公式Xに投稿しました。
生活クラブが生協と連帯し 「食料・農業・農村基本法改正に伴う合同学習会〜国内農業を守り、食料自給率向上にむけて!〜」を開催。同法の改正を主軸に、生産者や有識者が「食の未来」について言葉を交わした。
「カブを洗って容器に入れ、酢を注ぐだけ!一晩でできます」と簡単なレシピも紹介している
日本を含むアジアのスタートアップ企業を中心に、最大で50億円規模の投資を見込んでいるといいます。
「高倉ダイコン」や「三田うど」などの地元野菜は、生産者がいなくなり、いつか食べる機会がなくなってしまうことが懸念されている。その背景とは?
PRESENTED BY JA共済
たった2人の農家が100人の食を支えている。農業の見方が変わるかもしれない事実を、知っておくべき日本の農業に関するデータと合わせて紹介します。
PRESENTED BY JA共済
物質的に豊かになった今、日本人が本当に欲しているものは?#考える消費シリーズ、今回のキーワードは“顔が見える”消費だ。
冬といえばお鍋、お鍋といえば白菜...。そんな白菜にまつわる驚きの事実👀
「暑い年でないと美味しいコメができない、というわけではありません」と専門家。品種改良などの努力が身を結んだ結果と言えそうだ。