oyamadakeigo

「小山田氏のように障害のある人への差別や偏見を抱く人は未だに少なくない」と指摘。日本のインクルーシブ教育の課題について言及しました。
アメリカの現代音楽家ジョン・ケージさんの代表作。「曲流れずざわつく開会式で各自がオリンピックとは何なのかを考えたら良い」という声もSNS上で出ています
国立競技場建設案の白紙撤回⇒エンブレム盗作疑惑⇒JOC会長の贈賄疑惑⇒森会長の女性蔑視発言⇒容姿を侮辱する開会式の企画案⇒開会式の楽曲担当「いじめ加害」告白の過去
問題の記事は「クイック・ジャパン」第3号に掲載。小山田さんは障害を持つ児童らへのいじめに参加していたことを告白していた。
1990年代に発行された雑誌2誌で、小中学生時代にクラスメイトに対するいじめに参加していたと告白していた。
東京オリンピック開会式の作曲担当・小山田圭吾さんをめぐる一連の報道を受け、声明。「極めて露悪的と言わざるを得ません」と強く批判した。
1994年1月号のインタビュー記事は「いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います」。山崎洋一郎編集長が謝罪
東京オリンピック開会式の作曲担当が過去に同級生へのいじめを告白していた問題。森喜朗前会長の女性差別発言などとともに報じた海外メディアも。
東京オリンピック開会式で作曲担当に。雑誌記事での「イジメ告白」が拡散して反発が広がっていた