oyashotaira

日本時間23日から25日の3試合で11四球の記録を作った大谷翔平選手。どんなに不満が溜まっても、ボールボーイにはとても優しく振る舞いました。
一方、ホームラン王争いが激しさを増す中での度重なる「申告敬遠」にはファンから厳しい声も。【大谷翔平 最新ニュース】
久々に出た“あのフレーズ”にファンも喜びの声【大谷翔平 最新ニュース】
2021年の“顔”に選ばれた大谷翔平選手。「フィールドの外でもジェントルマンだ」とプレー以外も称賛された。
4回で降板し、「2桁勝利&2桁ホームラン」は持ち越し。注目を集めたのはプッシュ通知だった。
大谷選手にどう対応するかを尋ねられた際に、アクセントのある口調で「とても、とても気をつけた方がいい」とコメントしていました。
ダルビッシュ投手はTwitterで「大谷くんがファイターズと契約したぐらいのやり取り」だと明かしています。
「大谷を代わりに出迎えてくれる人は現れるのか」「大谷とイグレシアスの絡み好きだったのに…」などと悲しむ声が広がった。
速球を右手首付近に受けたことが、先発登板回避の理由です。
その名も、“大谷枕(Ohtani Pillow)”。現地では入手できるチャンスが再びやってきました。