puraibashi

アップルが、アプリトラッキング透明性(ATT)について説明する動画を公開した。朝の一杯のコーヒーを買った人の一日を追うかたちで分かりやすく可視化している。
最近、外国を舞台にしたノンフィクションやエッセイが気軽に読めなくなった。
「公益」と「個人の自由」のバランスをどう取るか、などと米欧や日本が議論をしている間にも、中国では「明るく楽しいデータ共産主義」が確立されていく。
Motherboardは、Zoomが「少なくとも数千人の」をメールアドレスを漏洩したと報じ、その理由を個人のアドレスが自社の所有物のように扱われていたためだと指摘している。
この機能は、10月中に英語でリリースされ、11月には他の言語でも利用可能になる予定。
なんとも気味の悪いその理由は、無関係な誰かの「価値を高めるため」でした。防ぐ方法はひとつだけ...
ある子供向けアプリは、子供を追跡し、年齢や名前、タップした本などのデータを収集した上でFacebookに送信していたことが明らかに
グーグルは「広告を配信するための情報として一切利用していません」と述べています。
ネットで名前を検索したとき、古い不名誉情報を検索結果に出させない権利。初めて世界の注目を集めたのは、2014年5月、欧州司法裁判所の判断だった。
グーグルは、マイクロソフトやアマゾンを巻き込んだ、AIの軍事転用・監視利用への反対運動の発火点となった。