robotto

パソコン用の歌声合成ソフト「初音ミク」。架空のキャラクターである彼女を実体化する試みを紹介する企画展が、東京都千代田区の明治大学・米沢嘉博記念図書館で6月1日まで開催している。
このおもしろいプロジェクトで、カリフォルニア大学サンディエゴ校とトロント大学の研究者たちが、人間の顔に表れている痛みが本物か嘘かを、人間よりもコンピュータの方が正しく見分けることを見つけた。人間による判定の55%が正しかったのに対し、ロボットの正解率は85%だった。
人類の皆さん、ご安心を。機械はまだ、人間を超えてはいない。
一般社団法人「人工知能学会」が発行する2014年1月1日号の学会誌で、女性型アンドロイドが手にホウキを持ち掃除する姿が表紙に描かれていることが問題となったが、次号となる3月号では、アンドロイドからの視点で描かれたイラストが表紙になっている。
あらゆる仕事のおよそ半分は、20年以内に、コンピューターによって自動化される可能性がある。そして、これからやって来る津波のようなこの社会的変化に対して「備えができている政府はどこにもない」と、「エコノミスト」誌が巻頭コラムで論じている。
人工知能学会の学会誌『人工知能』が、女性型アンドロイドが掃除する姿を表紙にしたところ、女性差別ではないかと賛否両論が沸き上がっているという。僕はどんなイラストを用いるかには全く興味がない。それよりも気になるのは、学会誌を手に取った人がちゃんと読んでくれるかだ。
一般社団法人「人工知能学会」の学会誌が2014年1月1日号から大幅にリニューアルした。女性型アンドロイドが手にホウキを持ち掃除する姿が表紙に描かれていることが「男性の性幻想丸出し」「女性差別に見える」との指摘がネット上の一部で出ていることを12月27日に報じたところ、読者から20件を超える意見が集まった。「差別とは思わない」「差別につながりかねない」とする意見に真っ二つに分かれている。
一般社団法人「人工知能学会」の学会誌が2014年1月1日号から大幅にリニューアルした。女性型アンドロイドが手にホウキを持ち掃除する姿が表紙に描かれているため「男性の性幻想丸出し」「女性差別に見える」との指摘がネット上の一部で出ているが、この表紙の作者は女性だったことが12月27日、同学会への電話取材で分かった。
人間が中に入って操縦できる巨大ロボット「クラタス」が12月9日から、Amazonで販売されている。クラタスは身長3.8m、重量4トン。4脚で移動できる。11日現在では「在庫切れ」で再入荷の予定は立っていない。実際に買った人がいたのかどうかは不明だ。
8月29日付の『ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)』紙には、日本製「ロボット・シェフ」の写真を紹介する全面広告が掲載され、論議を呼んだ。
 種子島宇宙センターから4日、人類初のロボット宇宙飛行士「キロボ」が搭乗したH-ⅡBロケットが打ち上げられた。国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給機「こうのとり」4号機が搭載され、10日にISSへ入港する予定だ。  「キロボ」は日本語を話し、会話することができる小型の人型ロボットだ。身長は約34cmで、音声認識、自然言語処理、音声合成、コミュニケーション動作などが可能だ。
美術に「公式」は存在するのだろうか? ドイツにあるコンスタンツ大学のコンピューター科学者たちが開発したロボット「e-David」が、その疑問を解く鍵となるかもしれない。