rotaiweidojiken

アメリカ最高裁は、女性が人工妊娠中絶を選ぶ憲法上の権利を認めた「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下した。女子サッカーのミーガン・ラピノー選手は、試合前の記者会見で訴えた。
連邦最高裁は草案について「最終的な立場を表すものではない」としつつ、本物だと認める声明を発表。1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す見通しであるとされ、反対の声が広がっています。
3度の妊娠、そして家庭でトラブルを抱えた苦労の絶えない人生を送ってきた「偶然活動家になった女性」だった。