ryugaku

特定秘密保護法について、内閣情報調査室は海外で学んだ経験や働いた経験がある人は国家機密を漏らす恐れが高まるとして、学歴や職歴の調査が必要だと強調していたことがわかった。
この様な状態になったのには様々な理由がありますが、その大きな理由のひとつが「円安になっても産業は日本に戻らない」です。
登壇された私以外の先生方は皆、海外でのポスドク経験者でしたが、ポスドク経験の無い私も含めて「どうしても日本に帰らなければならないの?」という疑問が湧いて、ちょっと「問題設定が違うのではないか?」というギャップを感じました。
北欧は「大学の学費がかからない」で有名ですが、それは北欧の人だけじゃないんです。留学生でも学費が無料な国があるんです。
アメリカはヴァージニア州に位置するヴァージニア工科大学、通称ヴァージニアテック(Virginia Tech)は、そのカフェテリア(=学食)の豪華さで全米に名を轟かせている。
ハーバード・ビジネス・スクールから日本人留学生が消えつつある、と言われて久しい。
必要なのは過去を反省することではなく、「こうしておけばよかったな」という事柄に対して、「今」気がつく能力を身につけることです。でなければ、何歳になっても同じような反省(というかぼやき)を繰り返すイケてない人生を歩むはめになってしまいます。
最近のシンガポール界隈で「シンガポール進出や移住は節税目的でなく子供の教育目的だ」という"珍説"を唱える人も出てくるなど、一部でシンガポール教育が強引に脚光を浴びることがあります。
留学支援など英語教育事業を手がけるEF日本が発表した英語能力指数によると、日本人の成人の英語力は「莫大な個人投資に反 して向上していない」と評された。どうしたら上達できるのだろうか。
ある著名な人は、かつてこう言った。「学べる教訓のうち最も貴重なものは、教室では教えない。」