sasutenaburu-burando

今や非常事態とも言える環境課題に対応するためには、ビジネスは「悪影響を減らす」から「良い影響を与える」というスタンスにシフトする必要がある。
気候変動は重要な社会的課題として認識されており、さまざまなステークホルダーにとって航空旅行がもたらす環境へのインパクトは重要な問題だ。
「観光農業の収穫体験だけでは、いまの消費者の価値観に追いついていない」中瀬勝之・総支配人が思いを語った。