sasutenaburu-burando

実は、フラワーロスはコロナ禍に始まったことではなく、その原因は花業界の構造に内在していたという。
WWF(世界自然保護基金)の報告書に書かれた、脱炭素へのシナリオとは?
太陽住建が手掛ける体験型空き家活用事業「solar crew(ソーラー・クルー)」。約40年間放置されていたという空き家は、どうやって地域に馴染み、愛着を持たれる空間になっていくのか。
我々は、ブランド・アクティビズムは広く普及しているものであり、パーパスを利益へと変えられると信じている。
「もったいない」の精神を日本文化の美徳の一つとして捉え、世界の化粧品業界に日本から新しい試みを発信するのが狙いだ。
紙のレシートは、環境負荷や人体への影響が懸念されており、消費者も電子レシートへの切り替えを求める声もあります。
「新品を買うよりも、およそ80%の二酸化炭素と700グラムの廃棄物を減らすことができます」
人々は変化への準備はできており、企業の製品やサービス、仕組みを待っている。企業側の素早い対応が期待される。
チャンスフラワーはブックオフが「サステナビリティ業」に生まれ変わるための「チャンスアイテム」になるかもしれない。
実は、消費者の57.4%が「ペットボトルのラベルは不要」と答えていました。