sasutenaburu-burando

京都市上京区にオープンした「斗々屋(ととや)京都本店」の特徴とは?關つぐみ店長は「ごみ問題に取り組むためには個人の裁量だけに任せるのは限界がある」と話します。
これは、「より大きく」から「より良く」への移行である。実世界であれオンラインであれ、どのように商売をするのかを見直すべき時が来ている。
新たなビールは、道端の雑草や野生のハーブ、パンや果物などの食品廃棄物、さらに住民を悩ませているという公園のガチョウの糞までも活用して造られる。
1リットルのペットボトルから、2×4型のレゴブロック10個分の原材料がとれるという。
おもしろいことに、肉を大量に食べ、毎年多くの資源を肉の生産に費やしている国ほど、半数以上の消費者が本物の肉よりも代替肉を選ぶと答えた。
実は、フラワーロスはコロナ禍に始まったことではなく、その原因は花業界の構造に内在していたという。
WWF(世界自然保護基金)の報告書に書かれた、脱炭素へのシナリオとは?
太陽住建が手掛ける体験型空き家活用事業「solar crew(ソーラー・クルー)」。約40年間放置されていたという空き家は、どうやって地域に馴染み、愛着を持たれる空間になっていくのか。
我々は、ブランド・アクティビズムは広く普及しているものであり、パーパスを利益へと変えられると信じている。
「もったいない」の精神を日本文化の美徳の一つとして捉え、世界の化粧品業界に日本から新しい試みを発信するのが狙いだ。
紙のレシートは、環境負荷や人体への影響が懸念されており、消費者も電子レシートへの切り替えを求める声もあります。
「新品を買うよりも、およそ80%の二酸化炭素と700グラムの廃棄物を減らすことができます」
人々は変化への準備はできており、企業の製品やサービス、仕組みを待っている。企業側の素早い対応が期待される。
チャンスフラワーはブックオフが「サステナビリティ業」に生まれ変わるための「チャンスアイテム」になるかもしれない。
実は、消費者の57.4%が「ペットボトルのラベルは不要」と答えていました。
環境負荷の少ないパッケージ、水の使用量が少ない商品、軽量化された商品など持続可能性を考えた商品を簡単に見つけられる。
屋外スペースの需要が急増する中、人々が公園や緑地により良く、より健康的な方法でアクセスできるように創造性に富んだ方法をとってきたが...
「昔から『日本の企業には未来がないんじゃないか』という漠然とした不安がありました」
リユースは、ただ再利用するのではなく、そこに込められた思いまで含めてもう一度、再生するということ。