sasutenaburu-burando

紙のレシートは、環境負荷や人体への影響が懸念されており、消費者も電子レシートへの切り替えを求める声もあります。
「新品を買うよりも、およそ80%の二酸化炭素と700グラムの廃棄物を減らすことができます」
人々は変化への準備はできており、企業の製品やサービス、仕組みを待っている。企業側の素早い対応が期待される。
チャンスフラワーはブックオフが「サステナビリティ業」に生まれ変わるための「チャンスアイテム」になるかもしれない。
実は、消費者の57.4%が「ペットボトルのラベルは不要」と答えていました。
環境負荷の少ないパッケージ、水の使用量が少ない商品、軽量化された商品など持続可能性を考えた商品を簡単に見つけられる。
屋外スペースの需要が急増する中、人々が公園や緑地により良く、より健康的な方法でアクセスできるように創造性に富んだ方法をとってきたが...
「昔から『日本の企業には未来がないんじゃないか』という漠然とした不安がありました」
リユースは、ただ再利用するのではなく、そこに込められた思いまで含めてもう一度、再生するということ。