seihanzai

「私たちみんなが一歩を踏み出せば、性暴力を許さない社会を作ることができます。あなたにできることは何ですか?」こう呼びかける動画を制作した、性教育YouTuberのシオリーヌさんに話を聞いた。
性的虐待を受けた子の供述特性などについて審理した上で、判断をし直すべきだとしていた。
「芸人として『女性をバカにして笑いをとっていた』ことがあります」「『女性をバカにしたら面白いという感覚が自分の中にあったな』と気がついたんです」。せやろがいおじさんは、自身の“価値観”とどう向き合ってきたのか。
「横浜・石川町」を特集して8月1日に放送。テレビ東京は「女子校生が利用する石川町駅、リセンヌ小路や乙女坂を街の日常の風景として取り上げたもので、それ以外の意図はありません」としている。
「暴行・脅迫」要件の撤廃、時効の廃止や延長も盛り込まれた。性犯罪に関する刑法改正を議論する検討会で、法務省が論点の叩き台を公表した。
今回の事件によって、再び「子どもの世話はいつ何時も親が見るべき」という考えが広がってしまうことに危機感を覚えている。
男性シッターによる被害女児の母親は記者会見で、フローレンスの駒崎弘樹さんらとともに「DBS(Disclosure and Barring Service)」の日本版の導入の必要性を訴えた。
「n番部屋」事件と類似した性犯罪での判決内容が明らかに。
性犯罪者が子どもに近づくことができないような仕組みが大事です。