shinsai

万が一の災害の際でもしっかり栄養補給ができる非常食について、農林水産省の『災害時に備えた食品ストックガイド』(2019年)と、東京農業大学名誉教授・小泉武夫先生の考察を基にまとめてみました。
ハフポスト日本版の取材に「この写真や安井運転士の体験を通じて震災の体験・記憶を風化させないために、語り継いでいくことが使命」と訴えた。
関東大震災から98年。国立映画アーカイブが、当時の貴重な映像作品をネットに無料公開しました。初の試みだといいます。
2010年にも30万人以上が犠牲になる地震があったハイチ。その復興からの道半ば、またも震災に襲われた。
東日本大震災から10年。今年はLINEでも同様の取り組みが行われます。日本赤十字社は、ツイートすると100円が寄付される企画を実施しています。
「何かしなくては」という思いと、自信が持てない自分との狭間で悩み続けた日々。兼子佳恵さんが走り続けた10年間のこと。
「女性の力、思いを押し殺すことによって『絆』が成立するという古典的な共同体を推奨する動きが非常時には出てきやすいですね。東日本大震災でもありました」
「行政は『区切り』をつけたがりますが、基本的に『区切り』はつかない。世代が変わるまではかかると思います」藤沢烈さん語る
綾瀬はるかさん、池松壮亮さん主演のドラマが3月6日に放送。脚本を手がけた三浦直之さんは宮城県出身だが、震災当時は東京にいた。「非当事者」として、震災とどう向き合ったのか。
津波で被災した地域と、無事だった地域の両方から子どもたちが通っていた学校。「これから何がしたい?」なんて話はとてもできなかったからだ。