sosharumedia

実地でしか得られない生きた情報には、多くの学びがあったようだ。
情報のリテラシー・非対称性・断片化・つながりや興味・フリーライドなど、さまざまな課題について議論が交わされた。
毎日数え切れない記事が公開されているいま、記事を公開して黙っていても誰も読んでくれません。
学んだものは未来に手ごたえを感じさせるものでした。
マイケル・ウルフ氏「(彼が行ったことは)並外れている。実際にはトランプ問題は、メディア問題そのものだった。」
日本企業の生き残りの方向性として、従前と同じく"異質化"戦略のもとハイエンドを目指し続けることも理論的にはありえます。ただし…
大統領選関連のツイートの4分の1程度はボットによるもの、との研究結果が発表されている。
「個人個人がもう少し自分の内側に目を向けて考える時間や、情報にとらわれないでいられるような考え方が必要なのではないかと感じています。」
専門家は長い間、ソーシャルメディア上でのエンゲージメントは、せいぜい人々の関心を高めるくらいで、具体的な変化を生み出す力までは持っていないと考えていた。
ドナルド・トランプ大統領は、フェイスブック上で流布していた陰謀論などのデマニュースが生み出したのか?