sukottorando

いよいよ明日、2014年9月18日はグレートブリテン(イギリス)にとって運命の日となるスコットランド独立住民投票日。僕は、2010年から2年間スコットランドに住んでいました。
スコットランドで18日に実施される独立の是非を問う住民投票で独立支持が48%、不支持が52%となっていることが明らかになった。
18日に行われるスコットランド独立の是非を問う住民投票の結果がどうなろうと、従来の主権国家で構成される欧州の姿は変容していこうとしている。中央政府の統制力が弱まり、一部地域が離反するという流れだ。
イギリス北部のスコットランド独立の賛否を問う住民投票を9月18日に控え、スコットランドでは投票日前の最後となる週末、賛成派と反対派が各地で支持を訴える運動を繰り広げた。
スコットランドの住民投票が9月18日に迫っています。もしスコットランドの市民が独立にYESを表明した場合、世界の金融センターとしてのロンドンの地位はどうなってしまうのでしょうか?そこでまず英国にとって金融サービスがいかに大切かを確認しておきたいと思います。下はGDPに占める金融サービス業の比率です。
調査機関ユーガブの最新世論調査によると、英スコットランドの独立の是非を問う住民投票を1週間後に控え、独立反対派が賛成派を僅差で上回り、再逆転した。
最新の世論調査で賛成派が反対派を上回ったことから、急にスコットランドの独立が現実味を帯びてきました。そこで若しスコットランドの市民が独立に賛成という意思表示をした場合、それがマーケットや政治に与える影響を考えてみます。
キャメロン英首相は、スコットランド独立の是非を問う住民投票で独立を支持しないよう現地入りして訴える考えを示した。
[ロンドン 7日 ロイター] - 英スコットランド独立支持派が反対派を初めて上回った世論調査を受け、英政府は一段の自治権を与える方針を示した。 オズボーン財務相は7日、18日の住民投票で独立反対が多数となった場合、税制・歳出・社会保障面でスコットランドに一段の自律性を与える施策を近く打ち出すと述べた。 サンデー・タイムズ紙に掲載された調査機関ユーガブによる世論調査では、独立賛成が51%、反対が
イギリスからの独立の賛否を問うスコットランドの住民投票について、独立賛成派が初めて反対派を上回ったとする最新の世論調査が発表された。