taigadorama

長らく「五代ロス」だった皆さん、大変お待たせいたしました!朝ドラ以来の「五代様」登場ですよ。
明智光秀役の長谷川博己さんが「衝撃のクライマックス」と断言。「麒麟」の意味をそもそも知らないという人も最終回からでも楽しめるように書きました。
脚本は古沢良太さん。松本潤さんは「昨年末に嵐という船を一度降りることになり、新たな冒険をしたいと思っていた時にこの話をいただきました」などとコメント。
渋沢栄一の生涯を描く作品で吉沢亮さんが主演を務める。徳川幕府最後の将軍・慶喜役には草彅剛さんが起用された。
見所の一つである「合戦シーン」をどう描くのか?収録は「感染防止のための制作マニュアル」に基づいて行うという。
大河は6月14日(7日まで放送)から、朝ドラは6月29日(27日まで放送)の週から一時放送休止になるという。
岐阜県産小麦粉を使い、米油で丁寧に手揚げし、着色料などの添加物を一切使わないことがこだわりだ。利用者は、揚げを含む全工程を担う。
急遽大役を任された川口春奈さんに、応援の声が寄せられています。
声優・俳優として活躍する大塚さんは、刀や鉄砲を扱う「辻屋」の店主・宗次郎店主役。
明智光秀を演じる長谷川は、落合CPから『長谷川くん、話をしよう』と真っ青な顔で言われたという。
「NHKは大河ドラマ『麒麟がくる』の沢尻エリカさん収録分を予定通り放映してください」と題された署名
「(ドラマ延期も含めて)まだ何も決まっていません。議論をしている最中」と話している。
「いだてん」の放送休止の可能性については「今のところ、そういった話は全く聞いておりません」とした。
NHK大河ドラマ「いだてん」の第1回で、中村勘九郎演じる金栗四三の顔が雨に濡れた帽子の赤い染料に染まるシーンがあった。演出の井上剛氏らに話を聞いた。
連続テレビ小説『あまちゃん』を手がけた宮藤官九郎が脚本を担当しました。
宮藤官九郎のオリジナル脚本で描かれる「いだてん」。オリンピックを舞台に、日本の近現代を描く大河ドラマがいよいよスタートする。