tokyochisai

作品を出展した日本工業大学側とイベントの主催会社に計約1億2千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした
判決では、山口敬之さんから受けた性被害についての伊藤さんの告発内容を「真実である」と認定しました。
中山裁判長は「強固な殺意にもとづく短絡的な犯行」と述べ、長男を支援してきた背景事情を考慮しても執行猶予にはできないとした。
保護責任者遺棄致死罪については、母親の優里被告の公判で語られた内容とほぼ一致していた。
当時5歳だった船戸結愛ちゃんが虐待によって亡くなった事件。暴行を加えたとされる父親の公判が始まった。
東京地裁は母親の船戸優里被告に懲役8年の有罪判決を下した。10月1日からは父親・雄大被告の公判が始まる。
裁判では、量刑を決めるにあたり、妻に対する夫からの心理的DVをどう捉えるかに注目が集まっていた。
弁護人は虐待とDVの関連性を提示し「相継ぐ児童虐待を早期に発見し、二度と再びこのような悲劇を生まないために、 私たちはどのような努力をなすべきでしょうか」と裁判長を見つめた。
検察官は「どれほどの空腹や暴力による苦痛を感じ、死に至ったか。『自分だけ愛されていない』と自分の存在価値を否定される苦痛も味わったに違いありません」と断じた。
優里被告は、結愛ちゃんが亡くなったことの責任について「刑務所に、20年とか30年とか、入っただけじゃ償いにもならない。でも、死刑になったくらいでは、軽々しい。どうやって罪を償えばいいか分からない」と叫ぶように答えた。