tokyochisai

全国の被差別部落の地名を収録した書籍の出版差し止めが争われた訴訟で、東京地裁は地名の差し止めを一部地域に限定する判決を言い渡した。
池袋暴走事故で、東京地裁が被告に禁固5年の判決を言い渡しました。判決要旨の全文を掲載します。
東京地裁は請求を退けたが、判決では日本でも婚姻関係にあることは認められた。原告らは「実質勝訴だ」と、夫婦別姓問題に一石を投じたと評価している。
判決では、山口敬之さんから受けた性被害についての伊藤さんの告発内容を「真実である」と認定しました。
保護責任者遺棄致死罪については、母親の優里被告の公判で語られた内容とほぼ一致していた。
当時5歳だった船戸結愛ちゃんが虐待によって亡くなった事件。暴行を加えたとされる父親の公判が始まった。
東京地裁は母親の船戸優里被告に懲役8年の有罪判決を下した。10月1日からは父親・雄大被告の公判が始まる。
裁判では、量刑を決めるにあたり、妻に対する夫からの心理的DVをどう捉えるかに注目が集まっていた。
弁護人は虐待とDVの関連性を提示し「相継ぐ児童虐待を早期に発見し、二度と再びこのような悲劇を生まないために、 私たちはどのような努力をなすべきでしょうか」と裁判長を見つめた。
検察官は「どれほどの空腹や暴力による苦痛を感じ、死に至ったか。『自分だけ愛されていない』と自分の存在価値を否定される苦痛も味わったに違いありません」と断じた。