tokyoorinpikku

市民とともに協働し、新しいまちづくりを目指していくこと。そのための施策して、東京のデジタル化、そしてオープンデータやオープンガバメントといった、市民協働型の社会を作るための中長期的な計画を実行することが必要なのです。
8日の2020年夏季五輪・パラリンピック開催都市の東京決定に続き、競技からの除外が危ぶまれていたレスリングが中核競技として確定した。オリンピック開催に向け国内が沸く中、日本の「鬼ごっこ」を公開競技として押し進める動きが、海外から注目を浴びている。
2020年のオリンピックの開催地が東京に決まったことを受け、世界各国からメッセージが寄せられている。市長のお祝いもあれば、メダリストからの祝辞もある。しかし、なかには懸念を報じる新聞もある。各国で報道されている内容の一例を紹介する。
2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催都市が東京に決定したことを受け、東京タワーや東京スカイツリーなど都内の「名所」で特別ライトアップが実施されている。祝福ムードが続く東京、三連休に出かけてみてはいかが?...
先日、日本の大手自動車メーカーが、自動運転技術を2020年までに実用化すると発表した。7年先は意外とすぐやってくるという印象を受け、もうすぐかつて図鑑に描かれた姿を実際に眼にすることができるようになるのだろうかと思いながら、自分なりに7年後の姿を思い描いた。
2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことを世界中が報道しているが、中国メディアの批判は、どこかズレているようだ。内容を紹介する。
国土交通省は9月11日、7年後の東京オリンピック開催を見据え、多くの外国人観光客が訪れる観光地を中心に、道路案内標識の英語表記を、外国人旅行者にも分かりやすいよう改善すると発表した…
日本にとっての喫緊課題は増え続ける国債発行残高が示す財政問題であり、経済成長はこの特効薬になり得る。東京オリンピック開催をどうやって経済成長に結びつけるか? は今真剣に考えるべきテーマの一つである。
くはスポーツ観戦にそんなに興味が持てない方なので、どこか他人事のようにこの週末のニュースを見つめていた。だけどふと、メディアの未来を考える者としては、2020年のメディア環境を想像するいい機会だと気づいたよ。
9月8日に開催が決定した2020年の東京オリンピック。福島第一原発の汚染水の流出が国際的に問題となる中、マドリードが優位に立っているとの報道もあったが、蓋を開けてみれば東京が2位のイスタンブールの倍近い票差で、決選投票で圧勝した。
2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに変化が生じつつある。オリンピック開催のメリットとしてまず話題に上るのが経済波及効果である…
2020年夏季五輪の東京開催が決まったことを受け、カヌー(スラローム)競技会場の建設予定地、葛西臨海公園(東京都江戸川区)について、環境影響を懸念している「日本野鳥の会」(品川区)が計画の見直しを求める声明を発表した…
9月8日、2020年の夏季オリンピック開催地が東京に決まった。このオリンピックのメイン会場となる「新国立競技場」は2018年度に完成予定だ。
9月8日、2020年の夏期オリンピックの開催地が東京に決定した。開催地を争ったスペインをはじめ、アメリカ、カナダ、イギリス、フランスのハフポストから、東京開催決定についての人気コメントをまとめた。
回の禁輸措置を受けて、記者が最初にどの様な記事を書こうと思ったかによって誰に取材するかが決まっていた可能性が高いという話です。これは別に『朝日新聞』に限った話ではなく、『夕刊フジ』のジャーナリストの室谷克実氏にしても、『夕刊フジ』で「新悪韓論」を連載されている方なので、どのような発言をするかは初めからわかっていたはずです。
オリンピックという黒船を使い、「とにかく2020年までにむっちゃ良い国にしようぜ」とテンション上げて取り組めれば、それはもう東京オリンピックじゃなくて、「日本オリンピック」にすることができるのではないでしょうか。
海外主要紙は、東京のオリンピック招致決定について、安倍首相のスピーチや日本のイベント開催経験などを勝因として挙げています。
2020年に開催されるオリンピック招致を目指して、9月7日、東京オリンピック招致委員会が、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で最終プレゼンテーションを行った。東京都の猪瀬直樹知事や、安倍晋三首相などがどのような内容をアピールしたのか。その内容を紹介する。