utsu

いまコロナ禍による不安を抱える人に、どんな対策をすべきなのか? 15〜79歳の2万8000人を対象に行われた研究結果から見えてきたこと。
「本のタイトルに『婚活』という言葉が入っていますが、『婚活本』ではありません」。『ウツ婚‼ 死にたい私が生き延びるための婚活』著者の石田月美さんに聞いた、その意図とは…?
手芸をするとモノが作れる。あまりに当然のことだが、多くの人はその大事さをわかっていなかった。とても重要な力だ。しかしほかにも「手芸の力」はある。
女性の「産後うつ」のような症状は、男性にも起こりうることが知られ始めています。娘の誕生後、「父親は強くあらねば」と力みすぎてうつに苦しんだ、ライター・遠藤光太さんによるブログです。
「メンタルヘルス不調は誰でもなりうるものですし、治療のために仕事を休む必要が出てくることも少なくありません」と、産業衛生専門医は語ります。
適応障害を患った人、もしくはそれと近い症状を経験した人は、今の日本にたくさんいるのかもしれない。
彼女は僕と一緒に涙を流してくれた。僕が眠れないときは、横でずっと起きていてくれた。
僕は今年5月末、適応障害という心の病気を患い、働けない身体になってしまった。