utsubyo

過度なダイエットで、摂食障害とうつ病を経験した未来リナさん。回復した今、かつての自分のように苦しむ人のために、「恩返しのレシピ」を発信している。
私は25歳。うつ病、そして抗うつ薬がセックスに与える影響にうまく対応しようとしている。
相方の原田泰造と堀内健も「しばらく2人ネプチューンで頑張ります!」とコメントしている。
福祉や教育の分野で事業を展開するキズキグループ代表の安田祐輔さん。自らの事業の信念を、「他人と比較することで苦しみを感じる人を減らすこと」「人間の自尊心を守ること」だと話す。
メンタルヘルスが原因で離職した若者のなかには、自分を責めたり、キャリアに対する希望を失ってしまう人も多いという。「キズキ ビジネス カレッジ」では、こうした若者が「専門スキルを学びながら次のキャリアを開拓する」就労支援を行う。
無理に頑張らなくていいや。 そう思えた。その時に、少しずつ変わり始めた。
今も変わらず、自分の中のコンプレックスはつきない。だけど…。
長時間労働や強いストレスが原因でうつ病など精神疾患を発症し、労災と認められた人が、2016年度は498人に上り、過去最多となった。
どんなかたちであれ、遊びや趣味に夢中になれる時間を持っている人は幸いだと思う。
市場経済のど真ん中で暮す私たちは、成長ばかり目指し、成熟することを怠ってきたのであるまいか。