youtuber

まふまふの公式サイトでは「現在容態は安定しておりますが、精密検査および数日間の休養をもって、活動を再開する予定です」と報告された。
ダルビッシュ有投手は、これまで明かしたことのない思いをYouTubeで語った。
初投稿の動画では、「お尻習字」に挑戦。肛門に挿入した筆でチャンネルの題字を書いた。
職員が自ら出演、撮影、編集もつとめる手作り番組が随時投稿予定とのことです。
「施設出身者だから幸せになれない、と夢を諦めずに、自分を大切にしてほしい」
2019年7月、チャンネル登録者数が400万人を突破。自ら「夢の先にいるような感じ」と表現する彼らは、いかにしてその場所にたどり着いたのだろうか。
一方で、CEOのスーザン氏は「幅広い考え方に耳を傾けることが、より強固で情報化された社会につながる」と、開かれたプラットフォームを維持することの意義を訴えている。
質にこだわるあまり、制作費は一本30万円ほど。出費は痛い。それでも続ける理由がある。
チャンネル登録者数は約121万人。外見にコンプレックスを抱え、「なんでもいいから有名になりたい」と思っていた青年はなぜ、整形ではなく“メイク”にこだわるのか。動画配信を通して見つけた、本当の“自分らしさ”とは──。