zaimusho

前財務次官のセクハラ問題を受けて設立された「メディアで働く女性ネットワーク」の会見で紹介された。
「女性社員は公益目的からセクハラ被害を訴えたものであり、当社としてもその考え、心情には理解できるものと認識している」
18日、麻生太郎財務相に辞任を申し出ていた。
自分が「鈍感」になることで、やり過ごしてきた。そしていま、後悔している。
「卑屈にならなくても等身大の私を応援してくれる人たちが大勢いるので、そういう告白もできる」