zeikin

NHKによると、今年度の負担率が過去最高の見込みになったのは、新型コロナウイルスの影響で企業業績が悪化し、国民の所得が減少したことが理由という。
多くの先進国では肉離れの動きが広がっています。国連が委託した最近の報告 書では、食肉消費量を減らすよう勧める政策のほか、気候変動緩和対策の一環 として菜食中心の食事が推奨されています。
実は、このベーシックインカムを掘り下げていくと日本こそ最も劇的な効果が見込めることが分かってきます。
行政サービスの原資となる税金は、「取られる」と表現されることが多い。
最近では、日本でも税抜きと税込みの両方の金額を明記して売っているお店が増えたみたいですが、これは外国人観光客には本当にありがたいものだと思います。
税金が15%に……。それでもやっぱり行きたい?
舛添知事に対する個人攻撃でこの騒動を終わらせず、相対的に税金の使い方について社会全体で議論を始めてはどうだろうか。